メイリオ書体は明瞭?

仕事でWord文書などを使う機会があるのですが、とてもお気に入りなのがメイリオフォントです。メイリオの書体の設計的な特徴や、どんな場面でこのフォントを使うと良いのかそれにメイリオの気になるところについて述べてみたいと思います。

メイリオフォントは幅広な書体で太字で文字にしても可読性の高い書体です。 子供の頃に丸文字が流行っていた時期があったのですが、メイリオと言うのは丸文字に近い書体でそれと似ていますね。それで一回使いだしてみると、個人的に気に入った書体になってきたのです。メイリオは丸文字ですが単純な丸文字とは違っていて、しっかりとして崩していない文字であり、全体として確かな読みやすさが得られます。文字が幅広で太字に近い印象を感じています。メイリオフォントは書体設定が小さくても、明朝体よりも1.5倍くらいも大きく表示されているように見えるのです。Word文書などで、いまよりずっと読みやすい書体を求めている人は、 メイリオを使うことをおすすめします。

最近はメイリオの書体をブログなどでデザインを描くときにも使っています。というのも、他の書体よりも画像にしたときも、ずっと読みやすさが感じるためです。フォントを小さくしていても読みやすいということで、一度画像データにして使ってみると病みつき状態になって、メイリオがやめられなくなりました。jpgなどの画像を作ってみた時、他の書体だと字が若干崩れてボケてしまうという傾向にありました。しかし、メイリオの場合には画像データを作成しても字が崩れにくい感じがしました。丸みを帯びているので、堅苦しさのない画像を作ることができます。

近ごろ気に入っているメイリオですが、好きな理由はフォントが小さくても見やすいし読みやすいからということです。ところでメイリオフォントはどういった経緯で出来たのかを調べてみました。するとこれはウィンドウズ2003の段階ですでに存在する、日本で造られた書体であることがわかりました。製作者は誰か調べたら、シーアンドジイ、河野英一等の名前がでています。メイリオという名前の由来は「明瞭」という言葉からきていることが分かりました。明瞭、メイリョオ、メイリオと言葉を繰り返し言ってみれば、たしかに明瞭なんだなあと納得しました。フォントの設計の段階から明瞭を目的として造られた書体だったのですね。

フォント設定で丸ゴシック体の書体は素敵です

書類やメール作成する時は、フォント設定は色々と変化をつけるようにしています。友人へメールを書く時は、普段から利用している書体は丸ゴシック体です。

丸ゴシック体は、角ばっていないので可愛らしい印象になり愛着もわくので結構気に入って利用するようにしています。フォントの大きさは10ptにして書いていますが、ちょうど可愛らしい感じに仕上がりますし、メールを友人へ送る際には、丸ゴシック体は優しい感じがするので気に入って利用するようにしています。

文章もですが、メールだとあまり性格や雰囲気などつかみにく部分があるので丸ゴシック体にするなど、ちょっと工夫するようにしたところメールなど活用することにしたことで、雰囲気がよくなりました。フォント設定と丸ゴシック体でバランス良く書くことで印象もだいぶ違ってくるのを実感するようになりました。

メールでは、なかなか気持ちも分かりにくい部分があるので、伝えるのは難しいなと感じることもありますが、フォントや書体を工夫することで素敵な印象になるのは、とても良いなと実感するようになりました。フォント設定もすぐできるので便利ですし、友人へ送るメールは丸ゴシック体にすることで評判もよく、自分でも気に入るようになりました。

書体も沢山ありますが、丸ゴシック体は自分の性格にもあっている感じだなと思っていたので、雰囲気も出ますし満足できます。最近は、電話はしなくてもメールでのやりとりがほとんどなので、フォントや書体を工夫して書くことで誰が書いた文章か区別することもでき、なかなか上手に活用することができるので便利です。

丸ゴシック体のフォントを大きくする時、文字の濃さなどちょっとサイズを変えるだけで雰囲気が大きく変化するのを実感できます。その日の気分によってアレンジ方を楽しめるので、けっこうメールを書くのも楽しくなったり、オリジナル性を活かして文章を書くこともできるので、なかなか満足できるメールを作成できるようになりました。

丸ゴシック体でフォントサイズは10ptにすると可愛らしい雰囲気で上手に文章も書けるので気に入っています。普通の文章作成の時はMSゴシック体で記載することが多いですが、友人や親しい方へ文章を書く場合は、丸ゴシック体を利用するなどアレンジしながら文章作成するようにしています。プライベートで活用する文章を色々とアレンジして自分好みを探してみるのもよいなとかんじています。

本当に手書きに見える!? リアル手書きフォントを探そう

最近では、商用利用も可能な多様なフリーフォントが簡単に入手できるようになりました。
いわゆる「手書き風フォント」も数多く公開されています。

手紙やグリーティングカードなどを、手書き風フォントで代用できないか?

あまり達筆ではない、ましてや筆者のように自分の字の汚なさにコンプレックスを持っているような人は、一度はこんなことを考えたことがあるのではないでしょうか。
ところが、一昔前の「手書き風フォント」と言えば、あまりにも整い過ぎた楷書体だったり、毛筆調だったり、あるいは可愛すぎる丸文字や遊び文字だったりで、一見して印刷した文字だと分かってしまうものばかりでした。

しかし、そんな悩みも今は昔。
おすすめの「リアル手書きフォント」を紹介します。

・「ふい字」フォント

鉛筆風
かわいい系
リアル度△

かなり以前からあるフォントですので、お世話になった方も多いのでは。
かわいい系とは言っても、そこまで遊びの強い書体ではないので、「リアル手書きフォント」としてもなんとか通用します。
鉛筆風なので用途が限られてしまうのが難点ですね。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA039499/

・「仕事メモ書き」フォント

ペン字風
丁寧系
リアル度◎

少しかすれた筆跡が特徴のフォントです。
丁寧な書体でありながら、整い過ぎておらず、若干のクセがある書体なので、かすれた感じと相まって非常にリアルな手書きに感じられます。
文句なしの「リアル手書きフォント」でおすすめです。
兄弟分に、すこし砕けた感じの「遊びメモ書き」フォントがあります。
http://font.sumomo.ne.jp/shigoto.html

・ダーツフォント

ペン字風
丁寧系
リアル度〇

非常に丁寧で達筆なフォントです。
手書き感も十分なのですが、整い過ぎているためにリアル度は少し減点です。
フォーマルな雰囲気を出したい場合などにはイチオシですね。

ダーツフォント

・「えり字」フォント

ペン字風
かわいい系
リアル度◎

女性的なかわいい系のフォントではこちらがおすすめです。
かわいい系とは言っても、角が丸すぎたり砕けすぎるということはなく、適度にクセのある書体ですので、リアルな手書きに見えます。
http://v7.mine.nu/pysco/gallery/font/06.html

・「美人の字」フォント

ペン字風
丁寧系
リアル度〇

女性的な書体の丁寧系フォントです。
少し整い過ぎているのでリアル度は減点ですが、フォーマルな文書でも使えそうな美しい書体です。
結婚式の招待状などにピッタリかもしれませんね。
http://www.ac-font.com/jp/detail_j_008.php

・三丁目フォント

ペン字風
かわいい系
リアル度〇

素朴でやさしい雰囲気のフォントです。
中性的なので、男性でも女性でも使えると思います。
ぱっと見は丁寧なのに、よく見るとかなり砕けた感じの不思議な書体ですから、ほのぼのとしたイベントなどに良いのではないでしょうか。
http://www.geocities.jp/bokurano_yume/

いかがでしたでしょうか。
ここで紹介したフォントであれば、本物の手書きと勘違いされても全く不思議ではないレベルですよね。
もしかすると、「これあなたが書いたの?すごくきれいな字だね」と褒められて照れくさい思いをするなんてこともあるかもしれませんね。

(注意)この記事で紹介したフォントの利用に際しては、リンク先のサイトにて利用規約やライセンス条項などを必ずご確認ください。
フリーフォントと言えども、無制限に自由に利用できるとは限りませんのでご注意ください。

私の好みのフォントや書体について

私はもう10年くらい前から、自分の友人や知り合いの方や親戚の方に手紙や葉書や年賀状を書いていません。子供の頃に同じ習い事をしていた昔の友人から手紙や葉書や年賀状が来たり、親戚の方からも手紙や年賀状が来ることがあるのですが、私は面倒くさがり屋なのと手紙や葉書や年賀状を書くのが恥ずかしいのとで、ほとんど昔の友人や親戚の方に手紙や葉書や年賀状を送り返していないのです。

でも私は今年で30歳になり、もうそろそろこんな事をしていては大人の女性としていけないな~と思い始めるようになったので、私は今度からは昔の友人や親戚の方に手紙や葉書や年賀状を貰ったら、必ず面倒臭くても手紙や葉書や年賀状を送ろうと思っています。

私は今まで手紙や葉書や年賀状を書く時は、いつも手書きで書いていていましたが、今度は現代的にパソコンで書いた文字を印刷をしたものを送っても良いかな~と思っています。

現代はパソコンの技術が進んでいるので色々なデザインがあったり、色々なフォントや書体があるみたいなので、私は素敵なデザインを見つけたり自分の好みのフォントや書体を見つけて、現代的な手紙や葉書や年賀状を作って昔の友人や知り合いの方や親戚の方に送りたいな~と思っています。

私は基本的にシンプルで上品な感じのデザインが好きで、フォントや書体も角々しい感じのものではなくて柔らかくて優しい感じのものや好きなので、自分の好みのデザインやフォントや書体を見つけて個性豊かな手紙や葉書や年賀状に仕上げたいな~と思っています。私が特に好きな書体は『楷書』や『楷書体』です。

『楷書』は手書きで書いたような優しくて少し丸みを帯びている感じの文字で、私はその上品な感じの手書きのような文字が好きです。小学生の時に初めて平仮名を習う時の教科書に出てくるような、皆が分かりやすくて万人受けするタイプの書体だと思います。

そして『楷書体』はコンピューターが書いたような綺麗に整った感じの文字で、字を書くのが上手な女性の方が書いているような文字なので好きです。私は手紙や葉書をパソコンで作る時は『楷書』の書体を使って書いて、年賀状をパソコンで作る時は『楷書体』を使って作ったら良いかな~と思っています。

そして手紙や葉書や年賀状のデザインも少し変わった感じのものを選ぶようにして、送った相手の方が少しビックリするような感じのものを作って印刷をして送りたいな~と思っています。

好きな書体で書いてあると買いたくなります

最近の印刷物は、写研書体が使われなくなっていますが、私が見て、読んで、しっくりくるのは写研の書体です。本や雑誌が大好きで、多くの印刷物 はに接していた頃、ナールやゴナなどのゴシック系の文字や、明朝体も石井明朝や本蘭明朝などの書体は、見ていて美しさがあり、なじみもあるので頭にも残りやすい印象があります。

最近の印刷物はパソコンに入っている書体がほとんどですね。私にはリュウミンは読みやすいのですが、子どもの教科書に使われている教科書体がどうもなじまず、なぜか頭に入りにくいのです。こういう方は他にもいらっしゃるでしょうか。

小説をよく読んでいた頃、好きな書体を使った出版社の文庫本をついひいきにしてしまうこともありました。最近は小説よりも漫画をよく読んでいますが、漫画の書体はなんとなくなじむ感覚があります。漫画の書体はだいたい決まっているものなのでしょうか。どの漫画を読んでも読みにくさは感じませんね。主に明朝体が使われていることが多いと思いますが、明朝体がそもそも読みやすい書体なのでしょうね。

パッケージの魅力というのも、書体によるものが多いです。同じような雑貨でも、シンプルなパッケージに、印象的な書体が置かれていると、つい手に取りたくなります。100円ショップも以前はダサいパッケージが多かったですが、店内がちょっと素敵な感じになってきたのは、シンプルなパッケージに太ミンなどで書かれていると、何となく意識高い系のグッズに見える効果が出るからでしょう。

「ていねいに暮らす」などがテーマの雑誌も、力強く訴えるというよりは、佇んでいる感じがします。その素敵さが、フォントによって演出されているということです。この本を読むとていねいな自分になれそうな印象を与えているのですね。

力強さはやはりゴシックが演出するようで、筋膜リリースとか、運動系の本は新ゴ体や見出しゴシックが多いのではないでしょうか。新ゴはゴナと同じように、使いやすい書体とみえて、漫画の吹き出しの中の強調部分にも多く使われます。

ユニバーサル書体というのもあり、誰が読んでも読みやすく、読み間違いが少ないように作られているので、こういった書体は美しさと実用性が兼ねられている、デザインの本質を表わすものだと思います。

自分にとって心地いい書体で書かれた商品は思わず手に取り、買いたくなってしまうのがフォントの持つ訴求力だと感じています。このような書体を生み出すデザイナーの方々の力に敬意を覚えてやみません。

明朝体とゴシック体それぞれの特徴と使い分け

「作ってもらった画像の書体が気に入らない」
「けど、どこをどう直してもらったら良いのか分からないし…」
そんな悩みに直面したことはありませんか。
情報を伝える上でとても重要な役割を持つ《書体》ですが、なんとなくの雰囲気で使っている方も多いかと思います。
今回はそんな書体・フォントに関する豆知識をご紹介します。

明朝体とゴシック体の違いについて
よく聞く《○○明朝》とか《△△ゴシック》とは、一体なんなのでしょう。

大まかに区分けをすると《明朝体》は飾りのある文字、《ゴシック体》は飾りのない文字のことを指します。
ここで言う飾りとは、文字についている「うろこ」や「ひげ」と呼ばれるものの総称です。

つまり《○○明朝》と言ったら《○○》の部分が名称、《明朝》の部分は書体の種類のことを指す、と言って差し支えないでしょう。
因みに、欧文フォントであれば飾りのある書体は《セリフ体》、飾りのない書体のことは《サンセリフ体》と言います。
代表的な書体を例に挙げると「センチュリー」はセリフ体で、「ヘルベチカ」はサンセリフ体です。

その他にも、《ゴシック体》は線がどこをとっても一定の太さである一方、《明朝体》は縦よりも横の線が太く作られている、などの違いがあります。

二つの種類の使い分けについて
当然ですが、この二つの種類の書体にはそれぞれ特性があります。
《明朝体》には格式の高さや洗練されたイメージを持つ人が多く、逆に《ゴシック体》にはモダンで先進的なイメージが先行します。
なので、より風格を表したいのであれば《明朝体》、ダイナミックに主張したいのであれば《ゴシック体》、というような使い分けをすることが出来ます。
また、書体の太さによっても、見る人に与えるイメージは異なってきます。
細ければ細いほど繊細で、太いものほど重厚さを想起させることが可能なのです。

文字をデザインしたロゴマークのことをロゴタイプ系と言いますが、そのようなロゴデザインを見比べるだけでも、違いがはっきり分かります。
比較的長めの文章であれば可読性の高い《明朝体》を使うことが多いようです。
文庫本などに使われる書体が、ほぼ明朝で統一されているのはそのためです。

この可読性が低いと読む時に無意識にストレスを感じてしまいます。
ただ視認性には断然ゴシックのほうがインパクトを与えられるので、使い分けが大事です。

書体によって与えられるイメージは様々なので、方向性のすり合わせが大事になってきます。
より良いモノつくりのために、ぜひこの知識を活用してみてくださいね。

言葉の壁を超えるフォントや書体

最近では手書きの文章はめっきり見なくなりました。手紙は手書きの方が愛があるからと未だに手書きにこだわる人も少なくはありませんが、今は年賀状もパソコンで作る時代です。余程、文字に自信があるという人を除いては、パソコンで文章を書く方が早く書けるし読みやすい、と思う人が多数なのではないでしょうか。
一方でパソコンの文字では硬い印象があって冷たく感じられることがあります。 「承知しました」も実際に対面で伝える分には声色やトーン、表情などのノンバーバルな部分でその言葉に含まれる細かいニュアンスを伝えられますが、メールで「承知しました」だけ受信したとしたら、何か不機嫌なのか、忙しいのか、といらぬ勘繰りをしてしまいそうです。

そのため、顔文字や絵文字、LINEであればスタンプなどを活用して出来る限りのニュアンスを伝えようとします。しかしながら、ビジネスメールや文書などでは顔文字や絵文字も不適切な場合があります。 その時に文字そのものにノンバーバルな情報を与えるのがフォントや書体と言われるものです。

例えばMicrosoft Wordに元々入っているHGP創英角ポップ体は飛び出すような元気なイメージがあります。強く伝えたいメッセージや見出しには最適です。しかし多用すると勢いが強すぎて読みづらくうるさい印象を受けます。

HG丸ゴシックM-PROは可愛らしいふわふわとした印象を与えます。優しく語りかけるような文章にはぴったりですが、上司に提出する企画書などに使用するには不向きですよね。そういう文書にはHGPゴシックMやHGP明朝Bなど少し硬い印象のフォントが適していると言えます。

このように、ある意味では文章の内容以上の情報をフォントや書体が伝えています。うまく使えばより考えを分かってもらうことが出来ますが不適切なフォントを使ってしまうと文章を読んでもらう以前に「TPOをわきまえない駄目な奴」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。例え、どんなに立派な内容だとしても、です。

フォントや書体の大切さは漫画、アニメに目を向けても感じられます。 例えば進撃の巨人のロゴは硬い石の壁のような色味や模様もさることながら文字自体の角張っていて厚みを感じさせるどっしりとした書体も物語のイメージを表現しています。

これが丸みを帯びた書体だったら台無しになっていたでしょう。最近、実写映画化された鋼の錬金術師のロゴの書体は硬い印象の「鋼」の文字の書体に対して「錬金術師」の書体をややくねった書体にすることでファンタジーな世界観を表していると言えます。

勿論、受ける印象に正解はなく、人それぞれです。しかし文章自体の吟味だけでなくフォントや書体も上手に使いこなすことで、本当に伝えたいことをさらに上手に伝えたいものです。

書体とフォントが人に与える影響力

その人が書いた文字を見ればその人の性格が分かる。という言葉を聞いた事があります。まさしくその通りで、友人と5人で集まった時にそれぞれ字を書いてみたのですが、柔らかい子は柔らか角ばっていない字を。気が強く芯が強い子が綺麗な中にも少しきつそうな雰囲気を出す字を書くのです。文字とは本当に不思議な影響力と不思議な説得力を持っているものだと思うのです。

街を歩いている時にもたくさんのポスターが貼られていると見るのが楽しくなってきます。そのお店の雰囲気や商品が本当に文字の雰囲気で伝わってくるのです。 その文字に分かりやすく皆に伝わるように魔法をかけてくれるのが書体とフォントだと考えます。

私達が今日はどんなお化粧をしよう。そんなお洋服を着ようと悩むように書体とフォントにどれを飾り付けてあげようか考える事はとても楽しい事です。私が、よく優しい印象のポスターを作りたいという時には、「やさしさゴシック」を使います。ヒラギノ角ゴシックを使う事も多いです。

確かにヒラギノ角ゴシックも柔らかく穏やかなイメージなのですが、やさしさゴシックは食べ物で例えるならマシュマロのような柔らかさ穏やかさプラスオブラートが包まれているようなそんな印象です。ついついお気に入りばかり使ってしまいがちなのですが、フォントと書体にもTPOがあると思うのでその場で使い分けています。

私は、学生の頃デザインを勉強していたのですが、先生がよく仰って下さっていた言葉がありました。「綺麗な書体、可愛いフォントをいくら使っても相手にその1枚のポスターから伝えなければいけないものを伝えられない作り方をしていれば、見てもらう人。商品。そして文字達に失礼になってしまう。フォントも書体もデザインの1部なのだ。」と。

それまでは、私は書体とフォントは言えば脇役。商品が主体で説明文さえ読めれば良いのではないかという見解でおりました。が、それから、書体やフォントを注意深く見るようになり今ではその時に先生が仰った意味が分かるようになりました。

その事を知れて世界観も広がりました。人と書体とフォントは切っても切れない間柄だと思います。何故ならそこに私達が相手に伝えたい事。伝わってきてほしい事という紙の上でのコミュニケーションが詰まっているからです。これからも沢山のフォントや書体を通して何かを伝えられる、気持ちを届けられる使い方をしていきたいと改めて感じています。

文章の読みやすさとフォントや書体の関係

現在では文章を書くときにパソコンなどを用いることがとても多くなっています。間違いをチェックしたり文章を挿入したりするときにはとても便利な道具です。レポートは報告書などを作成するときには、それほど意識しないで、どんどん文章を入力していくことになりますが、パソコンなどで文字を入力するときには、特定のフォントや書体を用いています。

ほとんどのパソコンソフトでは、始めから標準的なフォントや書体を設定してあるので、最初から自分で設定しなくてもそのまま使用することができます。確かに、最低限必要な文章を入力するにはそれでも何の問題もありません。しかし、読みやすい文章を作成することを考えると、特定の標準的なものだけを用いているのでは十分ではありません。
レポートや報告書などは、提出することが必要とされているので、フォントや書体などの体裁にこだわる必要はあまりありません。一方で、インターネット上にホームページを作成したりするときには、少しでも多くの人に読んでもらうことが必要になることもあります。そのようなときには、フォントや書体を工夫することが必要になるのです。
標準的なものは、文字の判別のしやすさに主眼を置いているので、内容を確実に相手に伝えるのには適していますが、それが読みやすいものであるかは別です。また、特定のフォントや書体のみで構成された文章は、それだけで読みにくいものになっていることがあります。実際、同じような体裁の文章がページ一杯に詰まっていると、とても読みにくいと感じることが少なくないと思われます。

文字の読みやすさは、文字そのものの読みやすさと同時に、適度な変化が必要になります。そこで、標準的なものだけではなく、いくつかの種類のものをまじえて使用することが望まれます。しかし、あまりにいろいろなものを混在させると、今度は文章の体裁自体が雑な印象を与えることになって逆効果です。そこで、強調したい文字や、特に伝えたい文章についてフォントや書体を変えるなどの適切な方法を用いることが重要になります。

文章の体裁はデザインに近いものなので、デザインのセンスに似た技術が必要になりますが、これは特別に芸術の才能が必要というわけではありません。いろいろな文章を作成する中でフォントや書体を工夫することで、次第に養われていくものだと考えられます。

このように実践を通じて、体裁にメリハリのある文章を作成することができるようにすることが大切なのです。

好みの書体やフォントを探す楽しみ

普段はあまり書体やフォントというものを意識する機会が少ない方も多いかと思いますが、仕事や趣味で使用する印刷物を作ったり、ホームページや動画などを作成するときにはついこだわりたくなってしまうものですね。

個人的にもグラフィック関係の勉強をしていたということで、フォントにはこだわっていた時期がありました。どの書体やフォントを使用するかによって創作物の印象がガラリと変わるため、あれでもないコレでもないと日々模索していたものです。今ではあまり覚えていませんが、当時はIllustratorやPhotoshopで使用できるフォントは大体覚えているくらいでした。

そんな数多くのフォントの中でも特に好きだったのが「KFひま字」というフォントでした。このフォントはいわゆるフリーフォントというもので、無料で提供されているありがたい存在です。このフォントと出会ったのはなにか柔らかい、可愛らしい雰囲気が出せるものはないかとインターネットで探したのがきっかけで、フリーフォントであるのにギリシャ文字やロシア文字などまで対応しているという優れた点が魅力でした。ふわっとした優しい雰囲気が出せるのもまた魅力的で、趣味で行っていた動画制作の字幕などにも活用していたものです。「KFひま字」には「KFひま字ワク」など様々な種類があるのもまた使い勝手がよく嬉しいものでした。

フォントには初めからソフトなどに入っているものや、購入して使うもの、そして先に挙げたフリーフォントがあり、どれも重要な存在です。特にフリーフォントは製作者の遊び心が溢れているものが多く、商品のロゴマークやアニメのタイトルなどに寄せたパロディ的なものも多く作られています。これらを活用することで制作物を特徴あるものに仕上げることができるため、グラフィックデザインをする上ではかなり重宝する存在となります。
勿論フリーフォントといっても著作権などは製作者にあるため、きちんと利用規約に従うことが大切です。特に商用利用の可否は非常に重要なポイントとなるため、事前にしっかりと確認してから使用する必要があるでしょう。

かっちりとしたものを選べば真面目な雰囲気に、ポップなものを選べば楽しげな雰囲気になるなどフォントというものは視覚的に制作物の印象を左右する大切な要素です。フォント探しは自分の好きなタイプのフォントと出会えると非常に嬉しい気持ちになるなどまるで宝探しのような気分を味わえるため、一度は経験してみてほしいものですね。